中 国 人 文 学 会

機関誌『饕餮(とうてつ)』を年1回発行しています。

トップページ

〈お知らせ〉(2019.9.30)

最新号(第27号)が完成いたしました(頒価2,500円)。

 ラインナップはこちらからご覧ください。

 

サイトマップ

『饕餮』バックナンバー

“TAO TIE” Back Number(英文)

『饕餮』現刊目録(中文)

バックナンバー頒布価格

    * * *

会則・投稿案内

會章・投稿規定(中文)

「饕餮書式」について

    * * *

お問い合わせ

第27号(2019・9)

☆タイトルをクリックすると、1ページ目をご覧になることができます。

 

洛水の女神の原像とその性格
 ――『楚辞』「天問」から揚雄「羽猟賦」まで
 姜 詩韻

 

医薬品広告から見る『婦女雑誌』草創期の医学的背景 
 趙 海涵

 

梁啓超『新中国未来記』の時間観念
 金 博男

 

取得動詞と共起する数量詞について 
 今井 俊彦

 

早期漢譯佛典中的處所詞考察 
 ――以“所”、“處”為中心
 楊 安娜

 

中古漢語に見える“將+否定詞”の機能及びその成立過程に関する一考察
 山田 大輔

 

【書評】ある入植者の記憶のなかの大連
 ――秦源治、劉建輝、仲万美子著『大連ところどころ 画像でたどる帝国のフロンティア』
 藤井 得弘

 

【書評】チベットの現代文学もなかなかおもしろそうだ
 ――『セルニャ』とチベット文学研究会の活動
 武田 雅哉

 

【論文紹介】社会的距離から見る台湾のエスニック関係 
 ――章英華・伊慶春「從社會距離看台灣的族群關係」
 寺沢 重法

 

『説文解字』「許敍段注」訳注の試み(六)
 田村(大田) 加代子

第26号(2018・9)

☆タイトルをクリックすると、1ページ目をご覧になることができます。

 

「猫時計」研究
 ――中国人は猫の瞳に時刻を読んだか
 金 博男

 

二重目的語形式における取得動詞について
 今井 俊彦

 

現代中国語における動詞コピー構文の意味機能について
 楊 安娜

 

上古漢語の副詞“將”の機能について
 山田 大輔

 

(研究ノート)張恨水『啼笑因縁』後日譚
 ――その二次創作小説に関する覚書
 張 佳能

 

楊雄『羽猟賦』における叙事、描写および修辞について
 ――漢賦における様式と機能についてのエッセイ
 David R. Knechtges 著/姜 詩韻 訳

 

【書評】学者南方熊楠の誕生
 ――松居竜五著『南方熊楠――複眼の学問構造』
 久保田 歩

 

【書評】色情から見る中国における男の身体と情欲
 ――黄克武『言不褻不笑:近代中国男性世界中的諧謔、情欲与身体』
 趙 海涵

 

【書評】絵本愛好家による中華圏絵本案内
 山田 千尋

 

『説文解字』「許敍段注」訳注の試み(五)
 田村(大田) 加代子

第25号(2017・9)

☆タイトルをクリックすると、1ページ目をご覧になることができます。

 

なぜ犬は殺されたか
 ――「殺狗勧夫」物語と先行する話柄との関連を中心に
 呉 秀娟

 

『天宝遺事諸宮調』における寓意的表現
 〜海棠と蓮を中心として〜
 桜木 陽子

 

“V到”構造と方向補語構造の機能差異
 楊 安娜

 

パラウク・ワ語における漢語借用語
 山田 敦士

 

中国で生活する台湾人のアイデンティティ多元化の一局面
 ——中国・華東地域における「台商子女学校」での調査事例から
 金戸 幸子

 

「多元・多層構造」化する台湾における社会意識の規定要因の探求
 ——エスニシティは社会意識の規定要因か?——
 寺沢 重法

 

【書評】メディア間の相互作用から見る近代中国人の視覚体験
 ——Laikwan Pang, The Distorting Mirror: Visual Modernity in China
 藤井 得弘

 

【書評】文学を偏愛する若き「病人」たち
   ——楊慶祥·金理·黄平『以文学為志業——“80後学人”三人談』
 日野杉 匡大

 

『説文解字』「許敍段注」訳注の試み(四)
 田村(大田) 加代子

第24号(2016・9)

※編集部よりお詫びと訂正
 『饕餮』第24号の「中文目錄」(122頁)において、以下の題目について誤りがありました。ここにお詫びして訂正いたします。

 (誤)氏岡真士 金、玉、石的故事
 (正)氏岡真士 金、玉與石的故事

 

☆タイトルをクリックすると、1ページ目をご覧になることができます。

 

魏晋南北朝期の男色詩における情欲表現
 倉 雅晨

 

金・玉と石の物語
 氏岡 真士

 

賈宝玉、日本へ行く
 ――南武野蛮『新石頭記』を読む
 林 麗婷

 

非典型的な授与を表す動詞と“给”について
 今井 俊彦

 

佤语的反复现象
 山田 敦士

 

毛沢東の乞丐いびり
 ――Hanchao Lu, Street Criers 翻訳の試み(3)
 Hanchao Lu 著/池田 真衣 訳

 

【書評】絵画から見た近代中国の女性解放運動
 ――曽越『社会・身体・性別 近代中国女性図像身体的解放与禁錮
 藤井 得弘

 

『説文解字』「許敍段注」訳注の試み(三)
 田村(大田) 加代子

第23号(2015・9)

☆タイトルをクリックすると、1ページ目をご覧になることができます。

 

『夷堅志』は如何にして成ったか
 ――洪邁三族の『夷堅志』編纂に果たした役割
 大塚 秀高

 

「蘇聯展覧館」の記憶
 ――中華人民共和国における〈ソ連〉イメージの形成と変遷
 田村 容子

 

蘇曼殊『断鴻零雁記』考
 ――「言い難き恫み」を中心に
 日野杉 匡大

  

情報伝達を表す動詞の分類について
 ――“V给”構造との関連から――
 今井 俊彦

 

中古“遮蓋”概念場詞彙系統的詞義演變研究
 姜 黎黎

 

班洪ワ族の言語と文字
 山田 敦士

 

【書評】西洋発明受容史研究の画期的成果 
 ――徐濤『自行車与近代中国』
 藤井 得弘

 

『説文解字』「許敍段注」訳注の試み(二) 
 田村(大田) 加代子

第22号(2014・9)

■建国後の農村劇団と雑誌『劇本農村版』について
 大野 陽介

 

■清末の巨人と小人へのまなざし
 ――新聞・画報の見世物記事を主な資料として
 大谷 亨

 

■音韻遊戯
 ――『鏡花縁』と『七嬉』を中心に
 加部 勇一郎

 

■仁義とシノギ
 ――Hanchao Lu, Street Criers 翻訳の試み(2)
 Hanchao Lu 著/池田 真衣 訳

 

■“操”“執”“持”それぞれの表す〈もつ〉の意味
 ――上古漢語の用例から
 山田 大輔

 

■【書評】中国犬文化の総合的研究
 ――桂小蘭『古代中国の犬文化――食用と祭祀を中心に』
 呉 秀娟

 

■『説文解字』「許敍段注」訳注の試み(一)
 田村(大田) 加代子